environmental & social activity

CSR(環境・社会活動)

社会活動

当社は、「地域社会に密着した企業」を経営理念の一つに掲げ、事業活動はもとより企業としての社会的責任を果たす努力をしています。
地域社会の一員として、周辺地域の清掃や美化活動を実施するとともに、地域町内会との間で「災害時における一時避難場所に関する協定」を締結し、災害時に避難場所として当社施設を地域の皆様に提供することとしています。
また、多くの学校の生徒さん達や近隣地域住民の皆様に、当社工場の見学に来て頂いています。

当社は、周辺地域の道路や側溝などの清掃活動を定期的に実施しています。また、地域町内会主催の「足守川(岡山市の西部を流れる河川)の土手美化活動」に役員はじめ労使の有志メンバーで毎年参加し、地域の皆様とともに草刈りやゴミ拾いを行っています。

当社には、多くの学校の生徒さん達が工場見学に来られます。工業高校を中心に、県内はもとより九州や四国からも来て頂いています。

地元中学校の生徒さん達が工場見学に来られた後、学校の「かべ新聞」で当社を紹介頂くとともに、お礼のメッセージを頂きました。

女性の活躍推進

当社は、女性が働きやすく、結婚・出産後も活躍できる職場を目指し、男女ともにワークライフバランスの向上をはかるための環境整備を進めています。
その取り組みの一つとして、有給休暇の利用促進を図ることとし、2020 年度までに全従業員の平均取得率80%を目標に掲げ、各種施策による取り組みを推進しています。

「岡山市女性が輝く男女共同参画推進事業所」認定取得

平成29年3月1日付で、当社は岡山市内企業での女性の 活躍推進及び仕事と家庭の両立支援など、職場における 男女共同参画を推進している事業所として、「岡山市女性 が輝く男女共同参画推進事業所」に認証されました。

認証期間:平成29年4月1日から平成31年3月31日まで


岡山市女性が輝く男女共同参画推進事業所とは

労働基準法、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法等関連法令が遵守され、必要な措置が実施されていることに加え、「女性の活躍推進」及び「男女労働者の仕事と家庭の両立支援」に関する積極的な取り組みを推進している事業所が、岡山市女性が輝く男女共同参画推進事業所として認証されます。


有給休暇 取得推進活動
有給休暇 取得率
2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2020年度
実績 実績 目標 実績 目標 目標
54% 68% 73% 73% 75% 80%

有給休暇一斉取得日の設定    

会社カレンダーにより、有給休暇一斉取得日を設定し、年間3日取得

計画有給休暇取得日の設定    

半期ごとに2日ずつ(年間4日)、各個人で有給休暇取得計画を策定し取得

リフレッシュ休暇の推奨    

心身のリフレッシュと健康維持・増進のため、勤続5年ごとに、5日以内の連続有給休暇の取得を推奨
(休日を含めて6日以上の取得可)

有給休暇取得推進ポスターの社内公募    

有給休暇取得を推進するポスターを社内公募し、従業員へ周知し、意識啓発と有給休暇を取りやすい雰囲気を醸成

最優秀作品

高齢者の活用

当社は、高齢者の活用についても積極的に取り組んでいます。
60 歳以降も希望者全員を最長65 歳まで雇用する制度を設け、ほとんどの従業員がこの制度を利用し、長年培ってきた豊富な知識や経験を活かして業務遂行や技能の伝承にあたっています。

外国人採用

事業環境の変化やグローバル化が進む中で、当社は多様な人材が能力を最大限に発揮できる会社を目指し、外国人の採用を実施しています。外国人留学生の採用により、それぞれが適材適所でその能力を十分に発揮して活躍することで組織の活性化にもつながっています。
また、外国人技能実習生の受け入れも積極的に行い、開発途上国の経済発展・産業振興の担い手となる人材育成にも貢献し、様々な価値観を受容し、お互いの多様性を認め合いながら働いています。

教育研修

当社は、従業員のモチベーションや専門性の向上を支援するための教育を推進する中で、職場におけるOJT(On The Job Training)を中心として、「階層別教育」、「職能別教育」を行っています。「階層別教育」の主なプログラムとしては、新入社員研修、中堅社員研修、管理職研修、コンプライアンス研修、コーチング研修などがあります。「職能別教育」では職務を遂行する上で必要な知識やスキルの習得を支援しています。
また、グローバル人材育成のため、社内で定期的にTOEIC テストを実施し、語学力強化の動機づけを図っています。その他にも、各種資格取得者に対して受験料補助や奨励金制度を設け、自己啓発を応援しています。

基本的な考え方

従業員の安全と健康の確保は企業活動の基盤であり、最も重要な課題の一つです。当社は、安全で快適な職場環境でいきいきと働くことができる環境づくりに努めています。その施策として、安全衛生委員会による活動を柱に、安全衛生教育、健康診断、労使での職場巡視、リスクアセスメント等の取り組みを進めています。これらの取り組みにより職場の環境改善に努め、真摯に労働安全衛生と向き合っています。

月1回開催される安全衛生委員会
安全衛生教育

労働安全衛生法で定められた、雇入れ時教育、作業内容変更時教育、職長教育等の実施はもとより、職場でのKYT活動やヒヤリハットの報告により危険情報を共有し、災害のない職場作りに努めています。また、構内作業の安全化のために、フォークリフトでの安全作業教育などを定期的に実施し、安全技術の向上を図っています。

ヒヤリハット事例発表会
定期健康診断・健康相談

当社では、従業員の疾病の予防と早期発見を目指しています。労働安全衛生法に基づき、年1回の健康診断を全従業員に実施し、有所見者に対しては産業医の意見を聴取し必要な措置を講じています。また、定期的に保健師による健康相談を実施し、職場で気軽に相談できる場を提供しています。また、長時間労働者への産業医面談を実施し、その健康の状況の把握と状況改善に努めています。

保健師による健康相談
職場巡視

当社では、労使による安全パトロールを実施し、職場環境や従業員の作業状況を確認し、問題のある点はその場で指摘して改善を進めています。また、産業医や衛生管理者による定期的な職場巡視の結果をふまえて職場環境の改善に取り組んでいます。
交通安全への取り組みとしては、安全衛生委員による出勤時交通安全チェックを行い、従業員への安全運転意識の浸透と交通マナーの向上に努めています。

安全衛生委員による出勤時交通安全チェック
リスクアセスメント

当社では、機械・設備、作業方法などを新規に採用し、または変更するなどリスクに変更が生じた場合に、安全衛生委員および関係部署の従業員でリスクアセスメントを行っています。設備の潜在的な危険性や有害性を洗い出すことにより、これらリスクを除去、低減し、事前に的確な安全衛生対策を講じています。既存の設備、作業についてもリスクアセスメントを計画的に実施しています。

職場でのリスクアセスメント

当社創立90周年を記念して、平成24年11月11日に当社敷地内で感謝祭を開催しました。
多くの地域の方々や当社社員OBの皆様に来社頂き、アニメキャラクターショー、お笑いステージ、クイズ大会などの催し物や工場見学を楽しんで頂きました。