Company profile

会社案内

ご挨拶・役員構成

ご挨拶

当社は工作機械の製造・販売を通じて社会や環境におけるサステナビリティの実現に寄与し、世界中の人々の生活がより豊かになることを目的とするとともに、永続的な成長と安定的な収益の実現により株主価値の向上と企業の社会的責任を果たすことを目標としております。

このため経営理念としまして、〔市場変動にしなやかに対応し、永続的な成長・安定的な収益を実現し、地域社会に密着した企業〕と、〔世界中からエクセレントといわれる商品を提供し続ける企業『“きらり”と光る「モノづくり」カンパニー』〕の二つ を掲げるとともに、3C〔Change(改 革)・Challenge(挑 戦)・Create(創 造)〕をキーワードに、役員・従業員が一丸となって企業価値を極大化することにより、地域経済の発展、安定した雇用の確保等、社会への貢献を果たし、すべてのステークホルダーの皆様に安心していただけるような透明性のある堅実経営を行ってまいります。

代表取締役社長  原田 一八はらだ かずひろ

役員構成

代表取締役社長 原 田 一 八
専務取締役 近 藤 安 正 米州統括
常務取締役 田 口 巧 営業・品質保証担当
常務取締役 松 原 潤 治 製造・購買担当
取締役常務執行役員 梶 谷 和 啓 技術担当
取締役常務執行役員 林 田 憲 明 管理担当 兼 管理部長
取締役上席執行役員 和 田 英 明 営業部長
取締役 戴 雲 錦
社外取締役(常勤監査等委員) 三 宅 盛 夫
取締役(監査等委員) 國 定 敏 範
社外取締役(監査等委員) 小 野 慎 一
社外取締役(監査等委員) 小 林 正 啓
社外取締役(監査等委員) 十 川 智 基

会社のご案内

TAKISAWAは「機械の母」といわれる
工作機械をつくりつづけています。

1922年(大正11年)、滝澤鉄工所は工作機械の原点とも言われる「旋盤」メーカーとして誕生しました。そして創業以来90余年にわたって、TAKISAWA は専業メーカーとして工作機械をつくりつづけています。現在の主力製品であるCNC旋盤、マシニングセンタ、ドリルセンタ、普通旋盤といった単体機械から自動化ラインのFAセル、FAシステムまで多様なニーズに応えるワイドな機種揃えとスピーディーな技術対応で自動車をはじめ、一般機械、電気機械、精密機械等の製造業や官公庁・学校までTAKISAWA の工作機械は幅広く活躍しています。

TAKISAWA は21世紀を見つめながらマザーマシンである工作機械の製造を通して、あらゆる産業の発展を原点で支えているという誇りと自負心を核に、産業界の明日を見つめ、さらに幅広いニーズにお応えできるよう、いっそうの前進をつづけてまいります。

TAKISAWAの品質方針は「顧客に
信頼される商品づくり」です。
TAKISAWA ブランド製品群を
生み出す生産工場。

生産機種別に分かれた組立ライン(CNC複合加工機、CNC旋盤、マシニングセンタ、CNC普通旋盤/普通旋盤)では、それぞれの機械に応じた工程ごとの品質管理を行い、レーザー測定器により完成総合検査を実施しています。品質保証こそマザーマシンである工作機械をつくるTAKISAWA の使命です。1997年にISO9001の認定取得。2012年にISO14001の認定取得。

「顧客に信頼される商品づくり」がTAKISAWA の品質方針です。これからもお客様に信頼される商品づくりを目指し、全力を傾けていきます。

(本社)

(本社)

TAKISAWAは、人と人の交流を
大切にします。
世界の人達との交流、そして地域社会とのかかわりあいを大切にします。

TAKISAWAは連結売上高の60%以上が海外向けとなっており、台湾・中国での現地生産、インドでの合弁会社、各国からの部品調達などの国際展開を行っています。そして国際的な人間交流と技術交流の場としてのIMTS(米国)、EMO(欧州)、JIMTOF(東京)をはじめ、世界の著名な工作機械見本市へは恒常的に参加しております。

また、本社メカトロセンターをはじめ国内外のショールームはTAKISAWA とお客様とのホットな技術交流スペースとして、最先端のCNC工作機械等をいつでも実演稼働できる状態で展示し、TAKISAWA の製品と技術をその目でお確かめいただくと同時に、技術相談やトレーニングまできめ細やかに対応しています。また、国内外の産業発展に貢献するだけでなく、地域社会のために少しでもお役に立ちたいと考えています。社会勉強のための小学生からお年寄りまでの工場見学、大学、高専、工業高校へ、FA技術教育用工作機械、システムの提供や各種団体による工場研修などを受け入れ、技術教育講師の派遣、技術セミナーの開催など、今後も地域の皆様とのコミュニケーションを大切にしたいと思っています。

EMO

JIMTOF