product information

製品情報

TPS-V1000立形ピストン加工機

TPS-V1000立形ピストン加工機

クラス最小機械幅1180mm!
立形の次世代機を新たに追加!

立形構造によりクラス最小の機械幅1180mmと性能を大幅に強化した立形CNCピストン加工機です。非円形加工装置にセラミック摺動とリニアモータ駆動を採用することで、高速加工による加工時間の短縮を可能にします。標準仕様「TPS-V1000」と、主軸同期回転型NCサーボ心押台仕様に対応した「TPS-V1000T」をラインアップ。オプションのクシ刃プレートを装備することで非円形加工以外の工程集約にも対応可能です。

精密工学会 中国四国支部「技術賞」を受賞しました。

主な機械仕様
TPS-V1000 TPS-V1000T
心押台   -
最大加工径/最大加工長さ mm φ130 / 160
主軸回転速度 min-1 4000
刃物台の形式   非円形加工用
主軸モーター kW 15/11
電源電力 kVA 20 21
空気圧源圧力 MPa 0.5
機械の高さ mm 2200
所要床面の大きさ mm 1180×3075
機械質量 kg 4000 4170

●:標準 -:設定なし

精密工学会 中国四国支部「技術賞」受賞
受賞内容

「非円形加工装置の開発(立形ピストン加工機TPS-V1000)」


受賞理由

立形ピストン加工機TPS-V1000は、切削工具の直動動作にリニアモータを採用し加速度を上げることにより、従来機よりも主軸の回転を高速化し、加工時間を飛躍的に短縮することが可能になりました。そのために、直動案内には、低摩耗、軽量、高剛性、高減衰であるセラミック摺動を使用し、さらに空気静圧を付加することにより、高加速度化と高精度を実現したことによるものです。